250Mbps

LANケーブルを取り替えたら速度が早くなりました

こんにちは、あばーんです!

パソコン仕事においてバックアップをするというのは大事な事。
しかしついつい面倒になっていた理由の一つに
「データの移動が遅くてダルいから」というのが自分調べであります。

正直スイッチングハブにLANケーブルをさして~という身の回りのファイル共有環境をかなりの昔に構築した経験で十分でしょ?なんて思っていましたが流石に時代は進んでおりました・・・

近年のネットワーク環境知らなかった…

2020年代になっても接続の仕方はほぼ変わっていないのですが
近年大きく変わってきているのが本題のLANケーブル。
物理的な進展が何年前か分からないですがあったんですよ!

LANケーブルと言えばカテゴリー5で100BASE-Tのアライドテレシス導入していたら大したもん

なんて何十年前?の社内ネットワーク環境で時が止まっていましたが
この度バックアップをスムーズに行うためにビックカメラのポイントだけでゲット

お値段的にお安いのを選びましたが結果的にはもう十分な性能
(なぜなら今まで100BASE-Tの良くてCat.5eのケーブルが刺さっていました)



BUFFALOのSwitching HUB(まぁ普通の5ポートのハブです)

BUFFALO Giga対応 プラスチック筐体 AC電源 5ポート LSW6-GT-5EPL/NBK ブラック スイッチングハブ ローコストモデル 簡易パッケージ 壁掛け設置対応 日本メーカー

新品価格
¥1,280から
(2021/8/24 19:12時点)


SANWASUPPLYのHigh Speed Gigabit LAN Cable(まぁ普通のカテゴリ6のLANケーブルです)

 



サンワサプライ CAT6LANケーブル (2m) UTP 1Gbps/250MHz RJ45 ツメ折れ防止 レッド LA-Y6-02R

新品価格
¥347から
(2021/8/24 19:17時点)

ごちゃごちゃとした足元のケーブル類の住処に潜り込み下記の箇所を交換
・ルーターとスイッチングハブの間のケーブル
・スイッチングハブとパソコンの間のケーブル
・ルーターとパソコンの間のケーブル

早く変えておけば良かった…

今までのネット速度でも不満は無かったのですが
改めて計測してやると下り200Mbps!?(上りは10Mbps)

J-COMで320Mコースなんですけども、えっ多分今まで100Mbpsも出ないくらいだったような(そうですカテゴリー5でしたから)

ファイル共有でのデータ移動速度が6MB/sくらいから100MB/sくらいへと大幅に速度アップ!
(そうですカテゴリー6へと交換したから)

無線LANでのデータファイル移動の速度は今までと変わらずの6MB/sとかでしたが
有線LANによるデータファイル移動が格段に速度アップしたことですので今後はマメにバックアップをするようにしないといけません。。

もし昔のままでの自宅ネットワーク環境でしたら是非最近の通信機器に更新してみてください
参考になれば幸いです。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA