断捨離…たいへんですよね!

SIVAです、梅雨入りしちゃいましたね、湿気で紙が丸まってしまいそうな日々です。

発表されましたね、コミケの当落。

そして6月9日はコミケスタッフ登録者の拡大集会がありました。
2019年夏のコミケはここから本格的な動きを見せます。

今回は会場の使いたがオリンピックのおかげでガラリと変わってしまいますが、ぶっちゃけプレスセンターとか別に作ってくれたら良かったのにって思います。あんな交通の便的に不自由な有明よりも、お台場のセントラル広場周りの広い駐車場に作ればよかったじゃないかって思います。オリンピックとコミケどうせやるならどっちもでっかくやればよかったのにって思いますけれどね。コミケが負けたような形ですが、2年くらい制限されることになるのがちょっと切ないです。



ということが関係するというわけではないのですが、最近の私はちょっとフィギュアや本の整理をしております。
断捨離という言葉がありますが、概ねあんな感じでこんまりこと近藤麻理恵さんの云うような「ときめくもの」や無くすには惜しいと思うものを残すやり方で片付けています。

大量の本
暗黒企業の会社員をしている時期にじぶんがやりたかった事ややり残した事をずっと貯め込むようにして行きてきたので、果たせなかった夢を怨念のような塊にしてしまいまして、もう倉庫で寝ているような心境でにっちもさっちも行かなかったのです。
そんな自堕落な昨年職を離れまして、自分なりに創作活動をしながら心を整理していこうと舵を切った形になります。そこで心のつかええともなっている部屋の状況に直面したのです。面白いもので支え(ささえ)支え(つかえ)とは同じ漢字が填まります、つまり私にとってこのカオスな倉庫のような状態は心のつかえとして身動きを取れなくしていましたが、心をささえてもいてくれたわけです。そこに手を入れるということは自分の内面にえぐりこむような状態なわけで、なかなか心穏やかにはできません。でもやらなければ現状は変わらないどころかもっと悪くなっていくだろうと、日々の生活を振り返ると身にしみました。

掃除という以前に物を捨てる作業が必要。

そんな形で大型連休あたりから本格的に始めた大改革ですが、まぁ出るわ出るわ大量の本!そしてフィギュア、プラモデル、ガレージキット!乾いた塗料とか居つからこんな中に押し込められていたのか…かわいそうなモノたちが山ほど出てきました。
もちろんほとんど…というかほぼ全部捨てられません、だってゴミじゃなくて積んでいっただけのものですから。本は良いのですがプラモデルなどは状態はあまり良くなくて、箱が潰れているものが多くて売ることもままなりません。



そういうわけで、私のさまざまある未練たらたらなものを撮影したり報告したりして供養させていただこうと思ったりしまして、創作物レビューなどの合間に何らか報告させていただく投稿をしていきたいと思いますので、お暇な方がおられましたら見ていただければと思います。

もうね、そのままなんか見せられませんよ、まさに魔窟、本気でカオス、倉庫とか云うけれど単に物置だねこれは…。

SIVAは昔絵を描いていました、下手ですが。文字も書いていました、創作物です。歌も歌っていました、バンドブームだったのです。そして模型も作っていました、ツール類も一通りあるくらいには。なので変なものも出てくると思いますが、創作という界隈で何かをやりたくてあがいていたそんなオールドタイプです。
いつのまにか雑誌の編プロにいたり、映像会社やテレビ局なんかを経て流れ着いたのがこのコボトレです。やっぱり創作界隈が大好きで、この界隈に関わって行きていきたいと思ってますので、皆様今後共よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA